FXで稼ぐ方法は色々とありますが、その一つがスワップポインで稼ぐという方法です。

スワップポイントとはFXの利益の一つで、2つの通貨間の金利の差の事を指す言葉です。


金利は各国で違っており、低金利の所もあれば高金利の所もあります。

仕組みは、金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買った場合は、金利差の受け取りが発生し利益となり、
逆に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買った場合は損失が発生するというものです。

FXでは低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買い、さらにそのポジションを維持し続けると、
ポジションを保有した期間と、保有している金額から算出したスワップポイントを手に入れる事が出来るという仕組みです。

スワップポイントはどうやって稼ぐのか?

スワップポイントの仕組みがわかったところで、実際にどうやって稼ぐのがいいのか?
具体例をみていきましょう。

このスワップポイントは、ほとんどのFX業者で、一日単位で取引が行われて、ポジションが発生した日から、
累積していきます。
大きな特徴は、土日もスワップポイントが発生する点です。

そしてこのスワップは、ポジションを決済した時に、為替差益と同時に受取りも可能です。

例えば、スワップポイントの高いポンドを買って、ポジションを保有し続けたとしましょう。
ポンドのスワップポイント300円に、ポジションを保有した日数をかければいいのですが、
これをたとえば一ヶ月保有し続けたとすれば9000円、為替レートが変動しなかった場合、
このまま一年間保有し続けると、300円×365日となって109500円もの利益となります。

こういったことが可能なのもFXの魅力の一つと言えるでしょう。

スワップポイントならサラリーマンでも十分に稼げる?

FXというのは【売買を繰り返さなければ利益を得る事が出来ないのではないか】
と思っている人もいるかもしれませんが、実際には決してそうではありません。


外貨預金も金利を受け取る事は出来ますが、この場合は満期にならないと残念ながら金利分が加算されません。


その反面、同じ外貨を扱うFXの場合は毎日スワップポイントを受け取る事が出来ます。


だから今保有しているポジションを手放したいと思ったら、その時点で手放したとしても何ら問題は有りません。

サラリーマンの場合、FXを行う事は出来ますがなかなか時間を掛けて取引する事は出来ないでしょう。


しかしスワップポイントの場合はポジションを保有しているだけで良いので、
短期トレードの様に何度も取引をする必要がありません。


その為、平日は仕事が忙しいからなかなか毎日の取引は無理だ、
休日しか無理だというサラリーマンの人にも十分稼ぐ事が出来る方法だと言って良えます。