FX相場で成功しているトレーダーみな証拠金管理が非常にうまい人が多いといえます。

それは損切りをするというだけではなく、自分が売買したいと思うポジションの量から考えて
いくらの証拠金が必要なのか、あるいは逆に自分のもっている証拠金ならば
いくらまで売買のポジションを持つことがえきるかしっかりと理解できている人たちなのです。


FX相場で勝てない人たちは、こうした証拠金管理がまったくできない人といえるのです。


たとえば、ドル円の1万通貨のポジションをもつとします。
直近のコストはほぼ4万8000円程度となりますが、最近のドル円は1日でほぼ120PIPS程度
大きく動くことになります。

なので、仮に間違ってもっとも高いところでドル円に買いを入れてしまった場合、
証拠金の5%以内に損失が収まるようにするためには
1万2000円の含み損が5%になるように証拠金をもっていれば安心ということになるのです。

つまりこの場合には、24万円の証拠金を投入していれば、
最悪まったく損切りをしなくてもそのままでいられる額ということになるのです。


逆に100万円の証拠金をもってドル円の売買を行った場合には
5万円の含み損まではなんとか損切りをしないで許されることになります。

同様にドル円1万通貨単位で売買をするとした場合には、
やはり1万通貨単位について1日最大120PIPS程度の動きがあるわけですから
1万2000円の損失が見込まれることとなります。

したがって5万円の最大損失以内になんとか収まるためには4万通貨ペア、
最大4万8000円の損失にとどめておくこと必要となるのです。

証拠金としては19万2000円が必要になるだけですから
100万円の証拠金ならもっと積極的に売買してもいいと考えがちですが、
1日の最大損失から想定すれば1万通貨を4枚ポジションとしてもつのが安全ラインになるのです。


これはドル円がさらに1日に上下するボリュームが増えた場合には
同じ金額で保有できるポジションを減らすことになりますし、
逆に1日に70銭しか動かなければもっとポジションをとるために証拠金を使えることになるのです。

同じような試算はコストと動きの違うユーロドルではまったく別のものになりますし、
そのほかの通貨でも同様の想定をすることになりますが、
資金管理がしっかりできているトレーダーはこうした資金に対する投資上限のことを
かなりしっかり理解しているのです。


逆に大損をするトレーダーの特徴としては、
まったくこうした資金管理に対する知見を持っていないのが実情となっているのです。


FXトレーダーに資金管理のことをたずねてみれば、
だいたいそのトレーダーがどの程度のレベルの人なのかはすぐにわかることになります。


それぐらいこの資金管理術は重要な能力となっているのです。