FXで稼ぐコツ

FXで稼ぐコツは、とにかく価格の安いところで買って、高くなるまで待って、
一番高値に近いところで売ることができればそれがもっとも利益の出るものとなります。

 

相場の動きは結果論から見ると上がったり下がったりだけなので、
いっけんすると、実に簡単に見えてしまいます。

しかし、実際にその場にいると、どこまで上がるのか、どこから下がるのか
そういうことは誰にもわからないので、常に疑心暗鬼の状態が続くことが多いんです。

そうなると、単に長くポジションをもって、大きく稼ぐことは難しいわかってきます。

いわゆる中期間のスイングトレードで稼ぐようなトレードは相当限られているのが実情です。


また、最近の相場状況では、
同じ通貨ペアで一定のトレンドが出ているような場合であっても、

東京タイム、ロンドンタイム、NYタイムといった相場のごとの時間帯に
キープレーヤーが入れ替わると微妙に傾向が変化することが多くなっています。

つまり、FX為替相場ではポジションを長く保有することが大きなリスクになってきているのです。

 

FXで稼ぐコツは短期、スキャルピングにあり

実際FX相場で大きな利益を上げている国内のトレーダーのほとんどが
スキャルピングと呼ばれる数分から長くても10分以内にポジションを売買しています。

短時間の売買で利益を積み上げることで、稼ぎを確保する方法が主流になってきているのです。

 

また、そこまで短時間ではないとしても、
翌日までポジションを持ち越さないデイトレが多くなっています。

これは最近の傾向として間違いありません。

だから、昔ながらに【数日にわたってトレードをして稼ぐ】のではなくて、
【短期間にサッと稼ぐことを繰り返す】ことがFXで稼ぐコツとして現実的です。

FXで稼ぐコツというものも大きく変化しつつあるのです。

 

特に個人投資家はいくら相場に見識があっても、
自分の力で相場の流れを変えていくことはできません。

とにかく相場の流れにしっかりついていくことが重要になるわけですから、
できるだけリスクを少なくした取引方法を模索するようになっているのは、
ある意味でよくわかる状況です。


短期売買がFXで稼ぐすべての方法であるとは言いませんが、
最近の稼げているトレーダーの傾向として、短期売買が中心というのは事実であります。
スキャルピングで稼ぐのに最適な方法もあるから、初心者でも取り組みやすい環境になってきています。

 

そうした主流の売買方法の中にFXで稼ぐコツが隠されている
といっていいのではないでしょうか。

 

 

FXで稼ぐコツには自分ルールも持っておくべき

また、FXで稼ぐコツのもう一つとして、自分ルールがあります。

これは、成功しているトレーダーは自分ならではの成功パターン、
と呼ばれるものをいくつも持っているものなのです。

これがあれば、ルールにしたがって、感情的になって焦って損失をすることもないし、
相場状況におおじて落ち着いてトレードをこなすことができあます。

始めはいろいろ難しいかもしれませんが、
稼げているトレーダーはみな、こうやって自分なりに勉強してルールを作って成長していっているのです。