FXとは?初心者の基礎知識

FXとは、Foreign Exchangeの略号で、日本語では外国証拠金取引と呼ばれるもので、
二つの通貨を選択し、その通貨を売るか買うかすることにより想定した方向に動けば
利益がでるという非常に単純な売買となります。

 

業者との相対取引でスタート

FXの市場は世界でひとつにつながっているバーチャルな市場ですが、
個人投資家がFX市場で売買をする場合には取引所もしくは
店頭のFX業者と相対契約を結び、その業者の提示する取引条件で
売買を行っていくことになります。

したがってどこの業者と取引するかで厳密な取引金額は微妙に異なるものとなります。

 

証拠金にレバレッジがかけられるのが大きな特徴

また業者には証拠金を預託し、その証拠金に個人の場合
最大25倍のレバレッジをかけて通貨取引の売買をすることが可能になるのです。

たとえばドル円でいいますと、
直近では1万通貨の売買は25倍のレバレッジかけて行えば
ほぼ48000円の証拠金で売買が可能となります。

48万円の証拠金があれば10万通貨、
つまり10万ドルの売買をすることが可能になるのです。

 

ここが株の取引大きく異なるもので、
株であれば額面どおりの金額を用意しなければ売買ができないことになるので、
FXのほうがかなり効率的な投資を行うことを可能としていることがわかります。

 

利益にもレバレッジがかかるが損失も同様に拡大

少ない原資で大きな取引ができるのがFXの魅力ではありますが、
想定していた方向に相場が動かず逆に動けば含み損がでることになります。

この含み損にもレバレッジがかかっていますから
損失も増幅することになる点には注意が必要となります。

 

FXの利益は売買利益だけでなく金利差によるスワップポイントも

基本的にはFXは売買の差金部分が利益となるのが基本ですが、
金利の安い通貨を売って高い通貨を購入した場合には
オーバーナイト(NY市場終了時まで)でポジションを保有し続けることで
金利差分をスワップポイントとして受け取ることもできるのです。

逆に金利の高い通貨を売って安い通貨を保有すれば
スワップポイントは支払うことになるという特徴があります。


このような仕組みを利用して希望する二つの通貨ペアの売買を
うまく運用していくのがFXの基本的な投資方法となります。

 

具体的な投資方法は各証券会社で異なりますので、
詳しくはそれぞれのサイトでご確認ください。
 

初心者におすすめ!人気のFX業者

SBI FXトレード 外為ジャパンFX ヒロセ通商
1通貨ペア、100円程度の証拠金から手軽に始められる! 初心者に優しいマーケット情報が多い! スプレッドが狭く、売買コストが少ない!