バイナリーオプションには気をつけろ!私の失敗談
Pixabay

私は今年、一時期FX会社のバイナリーオプションに夢中になっていました。
レンジオプションで「アウト」のポジションを持つと為替レートが大きく動いたときに利益がでるため、簡単なトレードだと思ったのです。

そして、経験を積んでいくうちに大きなイベントがあるときにレンジオプションで「アウト」のポジションを持つと、
高い確率で多額の利益を得られるはずだと思うようになったのです。

アメリカの雇用統計やFOMC、日本銀行の金融政策決定会合、ヨーロッパのECBの金融政策決定会合のときなどは、
結果が公表される30分前あたりから為替レートが上下に激しく動きますので、この値動きを利用して利益を稼ぐことができると考えたのでした。

スポンサーリンク

ところが、このような大きなイベントのときはFX会社があらかじめレンジオプションの値幅を拡大する措置をとるようにしていたのです。
アメリカのFOMCのときは、ドル円のレンジオプションの値幅が、ひとつの区切りごとに2円幅とすることもありました。
それでも私はあえて、レンジオプションで「アウト」のポジションを多数購入して勝負に出たのです。

ところが、2円幅で設定されてしまっているためドル円が1円幅で動いても、レンジオプションの価格が動きません。
私は深夜4時の時間帯にじっとパソコンの画面と向き合って、ドル円の値動きの推移を見ていたのですが、
時間が経過するにつれてレンジオプションの価格が減少していき、含み損が膨らんできました。

私は「FOMCなのだから荒っぽい動きになるはずだ」と思い我慢してポジションを持ち続けたのですが、
FX会社の2円幅という設定に負けてしまいました。

レンジの値幅を広く設定されると敗北することに気づかされたのです。

それ以来、バイナリーオプションで金を稼ぐことが難しいと感じるようになり、数回失敗が続いたことをきかっけにして、
バイナリーオプションを手掛けることを止めてしまいました。

これならFX投資を続けたほうが、はるかに儲かりますね。

 

スポンサーリンク