友達が株をやって大儲けしたという話を聞いたのがキッカケでした。
最初は銀行の投資信託を開始しようと思ったのですが、
手数料などを調べているうちに自分でFXをしたほうがメリットがあると感じ口座を開設しました。

自己資金は100万円。
とりあえず、ドル/円で始めました。

右も左も分からない世界。
まずは買わないと始まらないと思い、1万ドルを購入しました。

FXにはスワップというものがあります。
これは1日に数円の利子が付く仕組みです。
銀行に預けていても年間数円しか利子が付かないのに対し、
FXでは1日数円の利子が付きます。これには驚きでした。


当時の景気が良かったのとビギナーズラックもあり、
最初の1万ドルで数万円の利益が上がりました。

ここで完全に頭はマヒしてしまいました。
このまま数億円くらい稼げるんじゃないかと思ってしまったわけです。
自己資金を500万円に増額。そこから1年くらいで700万円くらい利益が出ました。

しかし、これは長く続きませんでした。「リーマンショック」です。

ドルはみるみるうちに下落。
もともと利益を出し続けていたので「損切」などしたことがありません。

 

「今は一時的に下がっているだけ。そのうちまた上がる」と、
下がっては買い、下がっては買いを繰り返しました。

すると信じられないことに、ドル/円は100円を切る事態に。

 

結局、1200万円まで増えた資産はリーマンショックの影響で30万円まで減少。
たったの1、2年の出来事です。

それでもマイナスにならなかっただけ運が良かったと思っています。