FXで稼ぐ人がトレードで実践していること

外国為替証拠金取引というものは、
これまで投資をしたことがない方にも比較的はじめやすい投資手段だと言えます。
と言いますのも、FXは株式などのように株式の銘柄に関する情報を入手する必要がなく、
短期間で取引を終えることが可能ですから、初心者の方もやりやすい投資方法と言えるからです。

外国為替証拠金取引で実際に稼ぐ人というのは、
それなりのトレード方法を実践していることが多いです。

FXで稼ぐ人はプロのトレーダーだけではなく、サラリーマンの方も多くいますが、
稼ぐ人が実践している方法とは、
具体的に言いますとすべての為替レートのチャートをモニターに表示しておくというものです。

すべての為替レートと言いますのは、メジャーなところで言えばドル円やユーロ円、
豪ドルやニュージーランドドルなどのような通貨だけではなく、
マイナー通貨であるトルコリラやアフリカランドドルなどの通貨も入ります。

要するに、世界の為替レートをすべて把握しておくことによって、
世界の為替の値動きがどのように動いているのかということを判断できるわけです。

このチャートを把握しておくということは、サラリーマンや稼ぐ人にかぎらず、
基本的なことだと言えますが、まずはFXをおこなううえで重要な方法であることは確かです。

次に、サラリーマンなどのような稼ぐ人が為替トレードで実践していることといえば、
ポジションをとったときに必ずストップ注文をつけておくということです。

これはどういうことかと言いますと、
FXで大切なことは、買ったレートよりも高値で売るということが利益を出すために必要になりますが、
万が一買った方向とは逆の方向に値が動いた場合、
つまりレートが下がったときには損を出してしまうことがあります。

そして含み損がふくらんでいきますとロスカットされてしまいますので、
このロスカットという大損を防ぐために、
あらかじめストップ注文と呼ばれる損切りをするための注文を出しておくわけです。

これは一見しますと損をすることになりますが、ストップ注文をつけておくことによって、
損失額を大きくしないための予防線になるわけです。

このように、実際にFXで利益を出すためには、
世界におけるあらゆる通貨の為替レートを把握しておくということが必要になるだけではなく、
ポジションをとったときにストップ注文をつけておくということも必要な方法になりますので、
サラリーマンの方は実践してみることをおすすめします。

そこで相場状況全体を知るためにマルチタイムフレーム分析が重要になってくるんです。
こちらのマルチタイムフレーム分析の動画を参考にしてみてください。