すこし投資でも始めようと思った方はまず株を思いつきます。
株は、すこしお金の面でハードルが高いと思いやめておく方もいます。

確かにものすごく少額でも買えない株もない訳ではありませんが、
百万円ぐらいないと妙味が少ないです。


ところがFXは違います。凄く少額でも投資可能です。
FXでは10万円もあれば取引も十分です。FXの最大の特徴は、そのレバレッジの高さで、
1万円の保証金で25万円分の通貨を持てます。

株式投資では、信用取引でせいぜい3倍程度です。
ですので少しの差益でもおおきな利益になります。

たとえば、FXで米ドルを1万通貨購入してそのときのレートが120円だったのが、
翌週になって122円になると2円の差益が2万円の利益となってきます。

このようなにFXはすくない額で大きな利益をえることも可能ですが、
逆にいまの例のレートは118円になると2万円の損失になるのでリスクもあるので注意です。


またFXは、現物の株と違って買いだけでなく売りからも取引できます。
普通は株で空売りをしようとする信用取引口座を作らないとだめで

この口座は投資初心者には開設できないことになっていますが、
FXでは口座がつくることができれば、売りからの取引例えば先に例でいけば、
米1万ドルを120円売り建てして、118円で買戻し決済をするなどが可能です。

 

また株のように個別銘柄の内容を理解して、情報を集めて投資というスタイルではなく、
FXでは、その国の経済指標などを予想して投資するので株よりも簡単な面があります。