FXを始めたばかりのころの私の取引スタイル

私はFXを2016/2月頃から始めました。

FXを始めたきっかけとしては、パソコンとネット環境と少額での取引が出来る
ということから始めようと思ったからです。

私が始めたころの投資スタイルは短期取引でのスキャルピングが主でした。
最初の投資金が1万円で主にUSD/JPYを売り/買い関係なく取引をしていました。

 

始めたころはとにかく取引になれようということが必要と考えたため、
リスクが少ないとされるUSDで最少取引額で取引をしていました。

利益が少なくても5円以上利益が出ていたらすぐに約定していました。
パソコンの前にずっといるほうがいいと考えていたため、
一日中やっていることもしばしばあったんです。

今から考えると時間がもったいなすぎると思っていますが、
利益が少しでも出ただけで気持ちがよかった記憶があります。

なので、ついつい少額といっても、ほんとに極小の利益で確定が多かったですね。


それと損は出したくなかったために損切りという言葉も知ってはいましたが
利益がでたときだけ約定していた感じでした。
あまり分かってなくても、リスクをおさえていけば何とかなったもんです。


そして月の損益は1000円程度という感じでした。

以上が始めたばかりのころの私の投資スタイルでありました。


もともとFXの広告などを見ていると「3日で○○万円儲けました」みたいな広告があったり、
逆に「3日で○○万円損しました」みたいな話もよく聞いていました。

なので毎日少しずつ確実を利益を得ていけば損をすることはないと考えていたため
上記のような投資スタイルでやろうと考えました。

始めたころはFXは楽しいと思えるように取引する感じで全然よいと思います。
 

そして、何度かやっているとなれてきて、自分の投資スタイルとか勝てる方法がわかってきます。

そしたらしめたもので、

時間配分がうまくなるので、稼げるときだけトレードして時間を無駄にしなくなる。

効率のよい通貨ペアで稼げるようになる。

もちろん利益が大きくなっていく。

と自分で実感として成長して行けました。

あせらないでも、コツコツやっていけば稼げるようになれましたよ。

>7日間集中で稼げるテクニックを身に付けた?短時間でカンタンにできる無料のFXテクニックとは?