FX投資を始めた理由は年金に絶望したからなんです。
Pixabay

FXによる外貨と取引をしている30代サラリーマンです。
今のところ着実にFXでの稼ぎを増やしてきています。

今回はそのはじめきっかけをお話ししていこうと思います。

皆さんは投資やトレードと聞いてどのような印象を受けるでしょうか?

危険、ギャンブル、お金持ちががやるものなど、ちょっと怖いイメージではないでしょうか?
たしかに投資は資金を積めば積むほどリスクが高まります。
一瞬にして多額の資金を水に流してしますということもありますね。

また、実は投資で負ける人間は9割にも上り、ほとんどの人間が資金を溶かしてしまいます。

ではなぜ自分は投資をやっているのか?

始めたきっかけ

ここでもう一つ質問です。皆さんは老後についてどのように考えていますか?おそらく多くの方が年金や退職金によって何とかなるというイメージを持っているかと思います。

しかしこの年金こそがギャンブルだと自分は思いました。なぜなら明
日死んでしまったら払ったお金は帰ってこないからです。

さらに怖いところはこのギャンブルは強制参加であるということ。
日本人である以上国民年金を払うのは義務でありさらに会社も給料から一定の金額が引かれます。

スポンサーリンク

もらえる年金が年々減って言っているという状況なのにです。

ここまで理不尽なギャンブルがこの世にあるでしょうか?

このままの計算では長い老後を安定して暮らすことができない、
自分がFXを始めた理由はここにあります。

いまのうちからすこしづつでいいから資金を運用させて増やしておきたい!
という気持ちで現在もFX相場に挑んでいます。

FXにした理由

ではなぜ数ある投資の中でもFXを選んだのか?

そこにはFXなりの2つの理由があります。
ひとつは【少ない資金で始められるから】
ということと、

もうひとつは【参加者が多い方】
という二つの理由があったからです。

まず最初の資金に関しては給料が少なく毎日のやりくりが大変だったんです。

株式売買をはじめとする現物取引をするだけの資金は持ち合わせていなかったため、
手軽に始められるFXを選択しました。

さらにFXはレバレッジと呼ばれるシステムがあります。
レバレッジを使えば、少ない資金で大きな取引ができるんです。
そこに効率の良さを見出したということもあります。

二つ目の参加者に関しては少ない参加者で成り立つ市場では、
情報が少なかったり相場が急変したりとやりにくい点が多いからです。

FX市場は世界でも大きな取引量を誇り一番参加者が多いため自分はFXに決めました。

実際にニュースによるイベント報道で相場が変動したりと判断材料が多かったため、
比較的納得のいく取引ができたのではないかと思いました。

またFX市場は盛り上がり市場であり、
最近ではAIによる「ほったらかし運用」なども可能になってきています。

これなら忙しいサラリーマンでも気軽に始めることができますね。

スポンサーリンク